元担が留学することになった話

 

元担が留学すると発表をした。

発表をする2日前から週刊誌で騒がれていたし、覚悟はしていた。元担に対して覚悟って変なのかもしれないけど、やっぱりすごくすごく好きだった人なわけでもう見れなくなるかもしれないという漠然とした不安と虚無感が押し寄せていた。

 

23日の22時

1か月前に有効期限の切れていたFCからは当然メールは来るはずもなく、友人のInstagramで通告を見た。

私のオタク歴は短いが、この手のメールでいい報告がないことくらいは知っていた。

 

「脱退じゃなくてよかったね!」「戻ってくるの待ってるね!」そんな言葉がTLに溢れている反面、「甘えだ」「戻ってくる場所はない」こんな言葉もたくさん目にした。

自分で、なぜ彼から降りたのかを考えないようにしてきた。それは彼の否定に繋がるし、自分の好きだった人を否定したくなかったから。それがどうだろうか、誰とも知らない人が私の気持ちをすべて代弁している。

 

あなたの頑張る姿が好きでした。あなたのどんどん上達するダンスを見るのが楽しみでした。あなたのメンバー思いな態度が微笑ましかった。あなたの生き様が好きでした。

 

 

私の好きだった岡本圭人はもういない