Sexy Zoneは人生を変えてくれた人

 

初めてSexy Zoneに会ってから1年とちょっとがたった。

私はこの1年のことを鮮明に思い出すことが出来る。去年ゴールデンウィークのライブも夏のサマパラも2月に行けた少年収も1回1回テレビで見る少クラもワイプに写ったメンバーも、ひとつひとつ思い出せる。

本当にたくさんのものをこの1年で貰っている。

去年のサマパラで菊池の担当を名乗る=好きだった人から離れる と決意してからの人生は色に溢れていた。私の人生を塗り替えてくれたSexy zone、まさに今年のツアー「repainting」に即していてもはや運命を感じている。こんなに素敵な5人に会えたことは人生において宝物だ。

 

 

さて、今回の題名である「Sexy Zoneは人生を変えてくれた人」

今年の24時間テレビの表題でもある言葉を入れこませてもらったのだが、まずこの言葉を聞いた時私はSexy Zoneしか頭の中に浮かばなかった。

自我を持ってからこの方ずっとアニメやゲームが好きで、全くと言っていいほどジャニーズに縁がなかった私は、波に乗っていたHey! Say! JUMPによってまんまと泥沼に引きずり込まれ、SixTONESという爆弾を抱えながらSexy Zoneを追っている。

学生だということもあり、JrとデビューGの掛け持ちはかなりお金がかかって毎月ヒーヒー言いながら生活しているが(今のところお金がかかってるのはSixTONESだけどね!お前らテッペン取るまで応援するからな!)彼らを応援できる私はすごく幸せ者だ。

 

ジャニーズに出会っていなかった頃の私はすごく悲観的で自信がなく、今の私を知っている人から見たら考えられないほど自分の容姿にもこだわりがなかった。私は不幸のどん底にいる方が似合っていると思っていたし常にそういう気持ちで生きていた。今考えるとちょっとおかしい人なのだが、本当にそう感じていたので人間って怖いなと思う。

 

圭人くんに出会って、今まで生きてきたのとは違う世界があることを知った。

風磨くんと出会って、その世界にはたくさんの色が溢れていることを知った。これは前にも書いたかもしれないけど、風磨くんが私にくれた色は本当に鮮やかでたくさんの色があって明度の低い人生を送っていた私にも優しかった。

風磨くんとSexy Zoneに出会ってからというもの、すごく小さな事柄ですら幸せを感じるようになった。WALKMANのシャッフル機能で一発目がMy lifeだったとか、Jrの後輩が風磨くんのソロ曲やセクゾの曲をライブで歌ってくれたとか、チンしたごはんがいつもより美味しかったとか、バイト終わりのファミチキが美味しかったとか、暑い日にアイス食べれたとか、本当に最上級にくだらないことでも幸せで生きていることに感謝できること。馬鹿みたいなんだけどこうやって彼への気持ちを綴っているだけでも、それだけで幸せで涙が出る。生活水準もなぜか格段に上がったし肌ツヤも良くなったし好きすぎて痩せたし本当に感謝しかない。

 

彼は今回の24時間テレビ最後の挨拶でこう言っている。

 

「僕なんかでも一生懸命やったら見てくれる人がいるのかなと思って」

 

私だけじゃない、Sexy Zoneから、菊池風磨から勇気をもらった人は大勢いるはずなのに。もっと傲慢になってもいいはずなのに。これは勝手なオタクの妄想なんだけれど、あの場面で出た言葉は嘘ではないと思う。テレビの前では流すまいとしていた涙を見せてくれたのは素直に嬉しかった。

彼は、彼らはもっと素直に傲慢になってもいいし、弱さを見せてくれてもいい。完璧なんかじゃなくていいし、弱さも卑しさも私はすべて受け止める。私にとってはそれほど価値のある人間で、人生を変えてくれた人なのだ。

 

 

「これからはあの2人に、それからみんなに恥じないように、必ず5人で頂上の景色を見て、頂上の景色だけじゃなくて、頂上に行くまでの景色をこの5人で見ていけたらなと強く思いました。」

 

5人の頂上の景色を私も一緒に見たい、というのがしがないオタクの今のただ一つの願い。彼らなら見せてくれる確信があるし、何があっても支えていこうと思える。

今、彼らを応援していられるこの命もこの人生も私にとって宝物だ。

 

時代を作ろう、Sexy Zone

元担が留学することになった話

 

元担が留学すると発表をした。

発表をする2日前から週刊誌で騒がれていたし、覚悟はしていた。元担に対して覚悟って変なのかもしれないけど、やっぱりすごくすごく好きだった人なわけでもう見れなくなるかもしれないという漠然とした不安と虚無感が押し寄せていた。

 

23日の22時

1か月前に有効期限の切れていたFCからは当然メールは来るはずもなく、友人のInstagramで通告を見た。

私のオタク歴は短いが、この手のメールでいい報告がないことくらいは知っていた。

 

「脱退じゃなくてよかったね!」「戻ってくるの待ってるね!」そんな言葉がTLに溢れている反面、「甘えだ」「戻ってくる場所はない」こんな言葉もたくさん目にした。

自分で、なぜ彼から降りたのかを考えないようにしてきた。それは彼の否定に繋がるし、自分の好きだった人を否定したくなかったから。それがどうだろうか、誰とも知らない人が私の気持ちをすべて代弁している。

 

あなたの頑張る姿が好きでした。あなたのどんどん上達するダンスを見るのが楽しみでした。あなたのメンバー思いな態度が微笑ましかった。あなたの生き様が好きでした。

 

 

私の好きだった岡本圭人はもういない

情緒不安定な菊池のオタクが書いた日記(4/14付け)

4/14(土)

 

2月ぶりに菊池風磨くんに会ってきました。どうにもこうにも好きがすぎる。

スッキすぎて~好きでスッキなだけェ~!!!!!(パンパン)

 

まずSexy Zoneは何をしていても綺麗、普遍的、もうずっと好きだという気持ちを抑えられない。

とにかくわかりやすくこちらにテーマを伝えてくれるし、見ていて楽しい工夫を凝らしてくれる。緩急の使い方がうまくて感情を揺さぶられる、例えるならば子供でも乗れて楽しいジェットコースター。

恋は~ジェットコォ~スタァ~~~

ちなみにSixTONESは富士急のやべぇやつな乗ったことないけど。セトリの作り方も演出も衣装もすべてなんだけどネタバレしない方針なので詳しくは言わないですけどこれだけは言わせて、菊池さんあなたのソロ曲の演出いつも最高にかっこいいけど今回のがダントツ好きだし、そもそもあの曲が好きなんですけどサマパラで見た時は一緒に歩もうずっと大好きみたいな幸せオーラが色気の中にもあったんですけど今回は色気全振りで超涙が出ましたし、これはいつも思ってるんですけど自分達をアイスに例えて一緒に溶けちゃう歌詞センス本当に素晴らしいと思いますしテキーラきいてきてよろめいちゃう振り付けとか天才だと思いますしあ~~~今回のも前回のもどっちの演出も好きです1回見たいですお願いしますポニキャンパイセンにサマパラ円盤の要望出しますね本当に大好きです(ここまで一息)

 

 

しかし自分自身のことを褒められるよりも自担のことを褒めてもらう方が数億倍嬉しいのはオタクの性なのだろうか。ライブの構成や演出がよかったとか、ダンスがよかったとか、歌が上手だったとか、彼にまつわる何かを口に出してもらうだけで涙が出るほど嬉しい。タクシーの中で泣いて牛タン食べながら泣いた。って話を周りの人達(オタクではない)に話したらかなりドン引きされたんだけどきっとどのオタクもそうだよね…?私だけじゃないよね…?

牛タン食べながら泣いたのには私も引いたけどどう考えても聡マリが尊くて泣いた、いやお前菊池の話じゃないんか~い!!!

じゃねえよ私は聡マリも好きなんだよ私も妖精保護団体の一員なんだよわかってんのか

今回のアルバム、私名脇役担なんですけどあの曲のCメロを聡マリに歌わせた人は今すぐに名乗り出て欲しいし名乗り出てくれた報酬には金一封どころか金5734942781億封ぐらいあげたい、天才、天才だよ。これも常々思ってるけどSexy Zoneに関わってる人間全員天才だよ何億貢がせるつもりだよ。

Sexy Zone5人が同じラインに立っている事実が本当に涙が出るしそういう世界に乾杯 Sexy Thank You to the world

 

 

仙台の牛タンめちゃくちゃ美味しかったので今度は普通に旅行で行きます。

 

菊池風磨くんの魅力を語りきれない話

2017年のGW
センター席に花道と外周のない横浜アリーナで、私は衝撃的な出会いをした。
彼はこのライブをメンバーの中心になり作った人間であり、私をいとも簡単にこのグループに落とした張本人である。

 

彼のことは3月放送の少クラから目で追っていた。「一般の目から見た彼」しか知らなかった私はその放送で衝撃を受けた。彼のソロ曲を、前年20歳になったメンバーと共に歌う。彼の目は外部の人間だった私の知っているものでは無くて、とてもずっと優しく、後輩のことを包んでいた。

 

彼──もとい菊池風磨くんとの出会い以降、私の人生は狂い始めた。

恋に落ちた、という表現はあまりピンとこない。その瞬間が無かったから。

彼の作るもの、大切にしてきたものを覗いているうちにいつの間にか好きになっていた。彼の周りの空気はいつも優しくて私達にたくさんの愛とメッセージを与えてくれる。ただ「優しい」だけじゃなく、飴と鞭を使い分けながら。圭人くんにでろでろに甘やかされて育った私が知らない優しさを与えてくれるのは風磨くんなのだ。

名義はいつの間にか作っていたし、ありがたいことに風isIも当選して、ほんの数回しか会っていないとは思えないほど彼の魅力にどっぷりとつかっていた。歌もダンスも喋りもステージ構成も頭脳も笑顔も顔もスタイルも文句なし。なによりも彼の存在を感じれればそれでいい。今の私にとって、彼の生存する世界に浸ることがこれ以上ないくらいに一番に幸せなことなのだ。

 

 

正直、風磨くんには会わなくても生きていけるな、と思う。ジャニオタってファンサがなんぼ!目に入れてもらってなんぼ!みたいな偏見があった(し、実際そういう方も目にするよね!)(もちろんジャニオタ初めてそうじゃないなって思ったよ!)んだけど、私は風磨くんに対してそういう感情が湧かない。

風磨くんが作り出す世界に、彼の作るものの一部に、私も客として含めてもらっているという事実だけで心を満たしてもらえる。

少しでも多く会いたいし彼の姿を少しでも目に焼き付けたい。彼の感情を少しでも多く感じたい。

私は彼の生きている世界が大好きだから、壊すようなことをしたくない。

 

 

風磨くんに出会って見える世界が変わった。圭人くんに出会った時もそうだったけど、なんだかそれとも違う感覚。圭人くんのときは、今まで見えていた世界がぐるりと半回転したような、新しい世界を見せてもらっている感じだった。

風磨くんはその世界に色をくれて、たくさんの色の間から光を照らしてくれている。これはオタクの勝手な理想だしそうではないけれど、風磨くんは私だけじゃなくファンの生きる道も照らしてくれているのかな、なんて思える。ポエミーだが許して欲しい。

 

オタクとアイドルとの関係ってとても脆い。1つ糸が綻んでしまったら、そこからどんどんと解けてしまう。

かの有名なSixTONES松村北斗くんはオタクに対して「同級生じゃねえんだぞ」と言い放っている。まさにその通り、私達はオタクでありファンでありそれ以上でもそれ以下でもない。

私は風磨くんに何かしてあげられる関係でもない。でも風磨くんは「アイドル」として私にたくさんのものを与えてくれる。

ただただ受け取るだけの関係に満足しているし、彼が心地よくアイドルとして生きていられる世界を作るために

オタクは今日もせっせと働くのであった。